読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊魔法と学園LOVE.STORY Ⅳ

〜王都への道〜

第十四話 次元の狭間

第十四話 〜次元の狭間〜

アゼル
それはな…俺の息子だからだ。

ズターズ
何?息子だと?
この雲の渦は精霊の力でできているんだ。
だからスピリットファントムマスター以外は
巻き込まないはずだが。

ライザ
僕だって精霊魔法使えるからね!

アゼル
親子の力を見せてやろうぜ!
ライザ!

ライザ
うん!行くよ!

ズターズ
仕方ねぇ。
1人増えても所詮子供だからな。

戦闘シーン


精霊魔法士 LV.3 アゼル HP1374 SP150
精霊魔法士 LV.1 ライザ HP1192 SP120

ズターズ HP5000

アゼル コマンド
HP1374/1374 SP150/150
→攻撃
→炎精霊15 水精霊15
雷精霊15 土精霊15
防御
アイテム
薬草×5 腐ったシャツ×1
逃走

ライザ コマンド
HP1192/1192 SP120/120
→攻撃
→氷精霊 10 闇精霊 10
癒精霊 10 HP300回復
防御
アイテム
逃走

コマンド実行開始!

アゼルの炎精霊 SP15消費
ズターズに682ダメージ

ライザの氷精霊 SP10消費
ズターズに478ダメージ
ズターズは氷漬けになった!

ズターズは動けない!

2ターンコマンド

アゼル コマンド
HP1374/1374 SP135/150
→攻撃
炎精霊15 水精霊15
雷精霊15 →土精霊15
防御
アイテム
薬草×5 腐ったシャツ×1
逃走

ライザ コマンド
HP1192/1192 SP110/120
→攻撃
氷精霊 10 →闇精霊 10
癒精霊 10 HP300回復
防御
アイテム
逃走

ズターズ
HP3840/5000

コマンド実行開始!

アゼルの土精霊 SP15消費
ズターズに785ダメージ

ライザの闇精霊 SP10消費
ズターズに937ダメージ

ズターズの氷は溶けた!
ズターズの光神剣
ライザに828ダメージ

3ターンコマンド

アゼル コマンド
HP1374/1374 SP120/150
→攻撃
→炎精霊15 水精霊15
雷精霊15 土精霊15
防御
アイテム
薬草×5 腐ったシャツ×1
逃走

ライザ コマンド
HP364/1192 SP100/120
→攻撃
氷精霊 10 闇精霊 10
→癒精霊 10 HP300回復
防御
アイテム

ズターズ
HP2118/5000

コマンド実行開始

アゼルの炎精霊 SP15消費
ズターズに847ダメージ

ライザの癒精霊 SP10消費
ライザのHP300回復

ズターズのダークホール
アゼルに927ダメージ

4ターンコマンド

アゼル コマンド
HP447/1374 SP105/150
攻撃
炎精霊15 水精霊15
雷精霊15 土精霊15
防御
→アイテム
→薬草×5 腐ったシャツ×1
逃走

ライザ コマンド
HP664/1192 SP90/120
→攻撃
氷精霊 10 闇精霊 10
→癒精霊 10 HP300回復
防御
アイテム

ズターズ
HP1271/5000

コマンド実行開始

アゼルのアイテム使用 薬草×4
アゼルのHP300回復

ライザの癒精霊 SP10消費
ライザのHP300回復

ズターズのファイヤーストーム
アゼルに729ダメージ

5ターンコマンド

アゼル コマンド
HP18/1374 SP120/150
攻撃
炎精霊15 水精霊15
雷精霊15 土精霊15
防御
アイテム
薬草×4 腐ったシャツ×1
逃走
→☆special attack スピリットマスターX

ライザ コマンド
HP964/1192 SP80/120
攻撃
氷精霊 10 闇精霊 10
癒精霊 10 HP300回復
→防御
アイテム

ズターズ
HP1271/5000

コマンド実行開始!

ライザの防御

ズターズのメテオ
防御で半減!ライザに1680ダメージ
ライザは戦闘不能。

アゼルのspecial attack!

アゼル
開放の精霊虹輝よ!
我に力を!

アゼルのステータスアップ!

6ターンコマンド

スピリットマスターX コマンド
HP8473/8473 SP∞
攻撃
→爆炎精霊 水流精霊
超雷精霊 爆岩精霊
防御
アイテム
薬草×4 腐ったシャツ×1
逃走
☆スピリットマスターX状態

ライザ コマンド
HP0/1192 SP80/120
攻撃
氷精霊 10 闇精霊 10
癒精霊 10 HP300回復
防御
アイテム

スピリットマスターX コマンド
HP8473/8473 SP∞
攻撃
爆炎精霊 水流精霊
→超雷精霊 爆岩精霊
防御
アイテム
薬草×4 腐ったシャツ×1
逃走
☆スピリットマスターX状態

ズターズ
HP1271/5000

コマンド実行開始!

スピリットマスターXの爆炎精霊
ズターズに6847ダメージ!

スピリットマスターX
コロス…!

スピリットマスターXの超雷精霊
ズターズに8543ダメージ

ズターズは戦闘不能

戦いに勝利した!

EXP3000ゲット!

アゼル 精霊魔法士
EXP1200/1200
レベルup!LV.3→LV.4
HP1374→1652
SP150→180
EXP1500/1500
レベルup!LV.4→LV.5
HP1652→2102
SP180→210
EXP400/1800

ライザ 精霊魔法士
EXP500/500
レベルup!
EXP800/800
レベルup!
EXP1000/1000
レベルup!LV.1→LV.4
HP1192→2121
SP120→200
EXP700/1200

ライザは風精霊 SP10を覚えた!

戦闘シーン終了

ズターズ
馬鹿な…歴史上ではここで俺が勝つはず…。
子供の力が強いのか…?
それともまた手抜きクソ作者か…。

一方通行
まぁチート的なもの使ったからねーww

ライザ
子供だからって甘くみちゃいけないよ!

アゼル
まぁ俺には使えない属性が操れるからな。
それがお前の弱点だったんだろ。

ズターズ
ちっ。
まぁいい。
お前なら…このままいかせても大丈夫だな。

アゼル
なんだ?
試すってこれだけだったのか?

ズターズ
ふん、まぁ過去で出会う事になるだろう。
それじゃあな!

アゼル
あ、おい!
待てよ!

ライザ
行っちゃったね。

アゼル
あぁ…。
そういえば…精霊魔法が使えるようになってるな!

ライザ
みたいだね!
よーし!このまま降りて…って…。

アゼル
よく考えるとこの雲の渦が消えると
俺たちはこのまま落下するんだよな…。

ライザ
あはは…。

アゼル
うーん。やっぱあれだな。
作者だな。

ライザ
だってあの作者だし。
仕方ないよ父さん。

アゼル
そうだな。作者だからな。

俺はそのまま何事もなく落下し、
風の精霊で竜巻をおこし、
ふわりと地面に着地した。

アゼル
うぉ…煙だらけで見えねぇ…。

ライザ
皆無事かな?

煙がひくと、
中から現れたのは倒れている皆だった。

アゼル
!!
ミスト!大丈夫か!?

ライザ
父さん!
皆ダメージ受けたみたいになってるけど、
何か別の力で抑えられているようだよ!

アゼル
まさか…精霊の力か…!?

よく辺りを見ると一般人までもが倒れている。

レオン
アゼル…。
どうやらお前の言う通り、
精霊の力が大きすぎて
処理できなくなっているようだ…。

アゼル
レオン!
大丈夫か!
やはり精霊のせいなのか!

レオン
ここにいる全員、精霊の力に抵抗力がないから
倒れちまっているのだろう…。

アゼル
クソっ、どうやったらいいんだ!

ライザ
父さん!
向こうから人が歩いてくるよ!

アゼル
何!?

レイナ
よっ!アゼルちゃん!

アゼル
レ、レイナ!
何故ここに?

レイナ
それはあれだけ大きな竜巻があれば
何事かと思って見にきたらこれだからね?

アゼル
やはり俺にはどうしようもできねぇな…。
そうだ!レイナの力で何とかならないか?

レイナ
それがね…
勝手に精霊を吸収し続けてるから、
私にはどうしようもないのよねー。

アゼル
レイナ…吸収処理が追いつかなくなるぞ!
とにかく出すんだ!

ライザ
思うんだけど、
僕達も精霊魔法を使いまくれば
なんとかなるんじゃない?

アゼル
そうだな!
とりあえず今はそれに専念しよう!

レイナ
じゃあ私は精霊を使い続けて一気に出すから
それを使ってね!

アゼル
わかった!


アゼルはレイナと再開し、
他の皆を救うことができるのだろうか?

……………………。


アイ&サツキ編

アイ
真っ暗ね…。
モンスターから逃れるために
慌てて瞬間移動したからかしら…?

サツキ
仕方ないですよ…。
それでもよく無事でいられたものですよ。

アイ
そうね…。
私達2人だと不安ね…。
他のみんなは何してるのかしら?

サツキ
きっとこのあちこちにいるモンスターと
戦っていると思います!
お兄ちゃんも戦いに出かけましたし…。

アイ
2人は一緒じゃなかったのね?
じゃあもしかすると…アゼルと合流してるかも。

サツキ
それなら安心ですね!
あ!アイ先輩!あれ見てください!

アイ
なにかしら…?

私はサツキが指さした方向を見る。
薄暗くてよく見えないが、
石に文字が書かれているのは見えた。

サツキ
何か遺跡ですか…?

アイ
わからないわ。
こういうのはあんまり触れない方がいいわ。

サツキ
そうですね…。

???
そこまでだ、諸君。

アイ
だ、誰!?

いきなり何処かから声がした。
どす黒い声でいかにもおっさんっぽいような…。

???
アイとサツキか…。
俺の事は覚えてるかなぁ?

アイ
な、なに…?

サツキ
あっ…はわわわわ!
り、、理事長!

アイ
な、なんですって!?

理事長
ふっふっふ…はっはっは!
残念だったな!

理事長は確か蔓草研究所以来、
警察に捕まっていたはず…!

アイ
なんでここにいるのよ!

理事長
はっ。くだらん。
俺は脱獄したに決まってるだろ。
わからねぇのか?バカだなー。

理事長は高らかに笑いながら私を見下している。
こんなやつに見下されたくないのでいい返す。

アイ
貴方の方がよっぽどか馬鹿よ!
なに?脱獄してきたからって調子に乗って!
ふざけんじゃないわよ!

サツキ
うぅ…。
アイ先輩…。
以前の理事長と何か違います…。

理事長
はぁ。
お前ら…死にたいか?

アイ
な、何!?

サツキ
アイ先輩!
理事長は何らかの能力を持っています!

アイ
下がってて…。
サツキちゃんは出口へ走って…!

理事長
ふん。そんな事させねぇよ。

アイ
なっ!?

辺りを見渡すと、
モンスターの目が赤く光り、
こちらをにらめつけるように見ていた。

アイ
う、嘘…。

サツキ
お、お兄ちゃん…助けて…!

理事長
ふん。今頃兄さんはボコボコだろうよ。

アイ
くっ…。

突破口が見当たらない。
私の瞬間移動もこんな狭い洞窟で使うと、
どこに飛ぶかわからない。

サツキの能力があったとしても
これだけの数のモンスターを相手にするのは
無理がある。

理事長
ふっふっふ。
ここまでだな。
死んでしまえ!

サツキ
あわわわ!
お兄ちゃーん!

アイ
ごめんなさい…。レオン…。

私は覚悟を決めて目を瞑った。

…………………。

何もおこらない。

痛みを感じない。

私は目を恐る恐る開けると、
そこには…。

ラオン
ったく、こんなときに馬鹿息子は何やってんだ。

アザク
あんたの息子さんは
そんなことでくたばるわけねぇだろ。

アイ
あ、あの?

サツキ
お、お父さん…?

アイ
え!?

ラオン
またせて悪かったな、サツキ。

アザク
とにかく、今は喋ってる場合じゃねぇ。
ここは俺たちにまかせろ!

アイ
は、はい!
サツキ!
邪魔にならないように援護するよ!

サツキ
は、はぁい!

バトルスタート!

アザク HP16841 RP∞
ラオン HP27480 RP∞


モンスター大群 HP50000

作者の手抜き
コマンド選択無し。

アザクのバスターブレイド
モンスターの大群17219ダメージ!

ラオンの破壊神召喚
破壊神の闇魔閃光
モンスター大群に28222ダメージ!

モンスター大群の連続攻撃
アザクに25ダメージ
アザクの反撃
モンスター大群に42813ダメージ!

理事長
な…なんだと…!?

一方通行
そりゃ、勝てないわ。
RPG世界で最強の2人だからな。

理事長
お、おい!作者!
不公平すぎるだろ!

一方通行
まぁ、ここでやられておきなよ。

理事長
はぁ!?

アザク
よし、いっきに攻めるぞ!

ラオン
言われなくとも!

一方通行
んじゃあ俺も。

理事長
解せぬ。

作者特攻ステータス変換
アザク HP99999
ラオン HP99999
アクセラレータ HP999999

理事長 HP100000

アザクの殴る
理事長に99999ダメージ

アクセラレータの血管逆流
理事長は爆発し、内蔵までもくだけちった。

バトルに勝利した!


アザク
おい、作者。
チート使いすぎだろ。

一方通行
まぁ、あれだ。
話を早く進めたいからな。
理事長を殺しといて、後からまた復活で。

ラオン
復活すんのかよ!
こんな跡形もなくぐちゃぐちゃなのにか!?

一方通行
ま、小説だからね。

アザク
クソ作者め…。

アイ
だ、大丈夫ですか!?

アザク
ん?あぁ。
そういえば紹介が遅れたな。

サツキ
お父さん!

ラオン
おー、よしよし、
元気にしてたかー?

サツキ
ひどいよ…。今まで連絡もなしに…。

ラオン
悪かったな…。
いろいろあってな…。

アザク
ちなみに俺はアザク。
こっちが…まぁわかるよな。

アイ
あ、はい…。
私はアイです…。

アザク
アイさん。
さっそくだが、
ここの遺跡にどうやって入った?

アイ
えーっと…私は…。
モンスターに追われてて、
瞬間移動という能力を使ってここに来ました。

アザク
そうか…。じゃあ次元を渡っているって事だな。

アイ
え、え?
つまり…私が…瞬間移動を間違えてここに…?

アザク
そういうことだな。
アイさんはさっきの男の事、わかるか?

アイ
はい。
私が通っていた高校の元理事長です。

アザク
なるほどな。
ざっと見て調べてみたんだが、
理事長の能力は召喚獣士。
あらゆる所からモンスターを作り出し、
そいつで戦う能力みたいだな。

アイ
そ、そこまでわかるんですか…?
すごいです…。

ラオン
アザクは観察力が凄いからな。

アザク
まぁ、伊達に剣と魔法を
使ってるわけじゃねぇしな。

サツキ
ねぇねぇ、お父さん。
ここから出るにはどうしたらいいの?

ラオン
うーむ。
次元を超えることができるなら…。

アイ
それなら私が…!

アザク
いや。だめだ。
万が一の事を考えろ。
もし失敗して違う次元に行ってしまったら
どうしようもできねぇことになる。
俺がいる次元に飛んできてくれたのが
不幸中の幸いだな。

アイ
そうですよね…。

サツキ
うぅ…。
みんなには会えないのかな…。

ラオン
皆?他にも仲間がいたのか?
それにレオンもいるのか?

サツキ
う、うん…。
お兄ちゃんは多分無事だよ。

アザク
とにかく、宇宙船まで戻ろう。
案内する。

アイ
あ、はい…。

ラオン
いくぞ、サツキ。

サツキ
あー、待って!お父さん!

サツキのお父さんとそのご友人の方に
私は宇宙船に案内してもらった。

……………。

〜アゼル編〜

アゼル
なんとか…なったな。

レイナ
そうだね…。

ライザ
皆落ち着いてるようだし、
多分大丈夫だよ!

アゼル
とにかくみんなが目を覚ましたら、
海岸の洞窟に向かうぞ。

20分後…。

レオン
ん。なんだ…俺はいったい…。

アゼル
お、目覚ましたか!

レオン
アゼルか…。
他の皆は?

アゼル
まだ熟睡中だな…。
このままほっておくにはいけねぇしな。

レイナ
久しぶりね、レオンくん。

レオン
お、合流できたのか…。
レイナの能力はかなり戦力になる。
助かるぜ。

レイナ
いえいえ、レオンくんの剣技程じゃないよ。

アゼル
残るのは…ミスト…ミオ…トモカ…か。

ライザ
お父さん、僕がここに残るから
残りの人を見つけてきてはどうかな?

アゼル
だが…ライザ1人でまかせれるか…?

ライザ
大丈夫だよ、お父さん。
僕はお父さんの息子だよ?

アゼル
そうだな。
よし!この3人が目を覚ましたら
精霊を使って父さんに話しかけるんだぞ?

ライザ
わかった!
じゃあ待ってるよ!

レオン
じゃあ行くか。

アゼル
そうだな、ここでもたもたしてたら
アイ先輩とサツキちゃんが危ないからな…。

レオン
不思議と感じるんだが、
あの2人は無事だと思うんだ。

レイナ
そうだね、私もそんな感じがするよ。

アゼル
だよな、そう考えていけば大丈夫だな!

俺たちは海の方に向けて歩き出した。

マップ的な物

寂れた村
ライザ・ミスト・ミオ・トモカ

海岸へ続く道
アゼル・レオン・レイナ

次元の洞窟前
アイ・サツキ・アザク・ラオン

城下町
ユイ・レイ

北の街〜ウール街〜
カイ・ヨウ

空中庭園
ヴァイス・ズターズ